ブログ一覧

ブログ

【変えようとしない】

【変えようとしない】 
 
娘と息子の不登校から 
私が学んだこと、学んでいることを 
まとめてみました。 
 
ほとんどの子どもたちが朝起きて
学校に行って勉強して宿題をして  
友達がいて運動会に出て…
これができて当たり前で 
そうでない我が子は…
 
と自分を責めたり子どもを責めたり。 
  
この悩みを抱えながらも 
家では楽しく過ごしていました。 
 
そして子どもたちと過ごす中で
「世間的に良い親と見られたい」
この気持ちが大きく根底にあることに 
気づかされました。
 
世間の目に映る私(母)の姿を 
優先してしまっていて 
私の目に映る我が子の姿を 
ちゃんと見ていただろうか。 
 
子どもを変えることに必死なあまり
小手先だけのテクニックで 
その場しのぎの対応を 
やっていたなぁと 
不登校一ヶ月目の自分を 
思い出しました。

私が必死に産んだ我が子。 
私がこの子の本質を見ずに 
誰がこの子を信じてあげるの…

条件付きでしか我が子を愛せない? 
 
いや、それは違う。 
 
交通事故で頭蓋骨骨折した時も 
蛇に噛まれてパニックになった時も 
火山の噴火に巻き込まれた時も 
(どんだけ〜) 

この子たちの命さえあればいいと 
心から願ったのは忘れません。
 
なのに日常になると 
世間の基準で我が子を判断し 
理想像に押し込めようとしました。 
 
それは私なりの親心からだったけど 
子どもの本来の姿をそのまんま 
認めてはいなかったと思います。

私が思う親の役割は 
・味方でいる(肯定する) 
・そのまんまを認める 
・成長を共に喜ぶ 
・邪魔をしない 
・心の安定感を育てる 
 
そして毎晩一緒にご飯を作り 
洗濯や掃除を一緒にやり 
湖に生き物を採りに行き一緒に育て 
庭の花や野菜を手入れし 
自転車で旅をし  
行きたいところへ車中泊し 
とにかく一緒に経験し 
笑い汗をかき感動することを 
たくさんたくさんしています。 
 
私が「見方」を変えることを意識し
しばらく経った頃 
子どもが変わり始めました。

自信を持ち始めたのです。 

自分のことをダメだできない…と 
否定しなくなりました。 
 
それまでは 
世間の目、私の期待を感じて 
自己否定していたのです。 
 
私を励ましてくれたり 
ママ、今日は疲れてる顔だよ 
ビール買っておいで(笑)と 
母親のような愛で包んでくれます。 
 
一夜漬けで三日坊主な私だけど 
子育てだけは『積み重ね』だなと 
心から思います。 
  
私がこの子たちに私だからできること 
素晴らしい世界を見せること 
世界は楽しいよって背中で見せること 
 
コントロールではなく 
インスパイアな子育てを 
これからも笑いながら泣きながら 
やっていこうと思います。 
 
Thank you for reading.

【喜びを共有する】

秋の空は高く見えると言いますが
本当に青々と澄み切っていて
最近の空は気持ちがいいですね!

私は朝早く起きて、子どもが寝ている
間にやっていることがあります。

それは自分の人生を12分割して
その時代ごとに振り返ることです。

(例)48歳の人だと4歳ずつです。
0~4歳、4~8歳・・44~48歳と
区切ってその時代を回顧します。

ちなみに私も3~4年で区切り
毎朝振り返っています。

・その時どこに住んでいた?
・どんな音を覚えている?
・印象的だった匂いは?
・最大の挑戦は何?
・誰を懐かしく思う?

幼い時代→今に向かって
毎朝違う時代を振り返ってみると
ものすごいことに気づきました。

そこには「感謝」と「愛」が
溢れていたのです。

親がどんな思いで育ててくれたのか
先生や友達に恵まれていたこと
姉・兄のありがたさ
近所のお姉ちゃんの優しさ
ばあちゃんの団子の懐かしさ

どの時代も「敬意」を持って振り返ると
自分だけで生きてこれたことは
一度もなかったんだ・・と毎朝
胸があったかくなる天然ホッカイロの
回顧日記をつけるのはおススメです。

その中で20代の時代を思い出した時
思い出が蘇って涙があふれました。

当時、特別支援担任をしておりました。
その時の保護者の方々に、母として、
親としての「在り方」を教えて
いただきました。

それは「子どもに学ぶ」姿勢です。
我が子から学んで初めて親になる。
子どもの成長に伴って
親も成長しているか。

ひよっこ教師の私に、お父様お母様が
いつも家での様子を教えてくださり
何が好きで、何が嫌で、
これができるようになって
こういう時はこうしていると
これまでの成長と現在の挑戦を
「共有」してもらっていたおかげで
私も一緒に子どもたちから学び
一緒に成長することができました。

今もメールやお手紙をいただき
大人になった生徒たちの成長を
共に喜ばせてもらっています。

そしてこの毎朝のワークで
この人にあの時の感謝を伝えたいと
思ったらすぐに伝えることの
大切さもしみじみ感じています。

ありがとうございました!と
直接言う、メールする、電話する
できるときにすぐする!と
肝に銘じました。

くまもと中央高等学院では
成長を「共有」し共に喜び
「子どもに学び」親も先生も
成長していく、そんな学校で
ありたいと思います。

【元気チャージ】

くまもと中央高等学院
私の息子の保育園の階段には先週から
「ちぎりとられた足」が置いてあり
毎日ビクっとしながら通っていますが
くまもと中央高等学院もちょっぴり
ハロウィン感出してみました🎃👻

私は先月から自転車通勤していますが
自転車だと、車では見えない景色や
匂いや音が感じられて毎日新鮮です。

信号待ちの時に人間観察していると
車で髭剃りをしている人や
英語のリスニングをしている人
バスが通る度に写真を撮っている人
いろいろな人がいて
いろいろな習慣や癖があって
毎日どんな人に会えるのか楽しみです。

最近、生徒と趣味の話をしました。
好きなことの話をしていると
みんな目が輝きます。

捨てられていた子猫を飼っていて
かわいいしぐさをする話。

長年飼っているワンちゃんとの
散歩の話。

好きなアーティストのどこが
かっこいいかについての話。

モデルガンのコレクションや
いつか乗りたい車の話。

宇宙や銀河系の話。

都市伝説の話。

好きなことについて話す顔は
本当にキラキラしています☆

実は私も中学生の時にモデルガンが
好きで、ダイハードのモデルガンや
ガス銃を持っていました。
戦闘機や潜水艦も好きで
自衛隊のイベントにも行っていましたが
これは友達には内緒にしていて
当時の私は隠していたのだと思います。

もし趣味の話を誰かにできていたら
もっと詳しい人に教えてもらったり
その話で盛り上がったでしょうねと
生徒から声をかけてもらいました。

好きなことを否定されない
冷やかされない
そんな場所や人が一つでも一人でも
「在る」ってことが大切だと思います。

力が出ない時
疲れているとき
元気をくれるもの・存在は
ありますか?

誰かがいなくても一人ですぐに
元気チャージできる趣味や
好きなことがあるって大事ですね。

【社会で羽ばたくために】

すっかり秋めいてきました。



今日はくまもと中央高等学院の

学習の様子を紹介させてください。



1. パソコン学習



携帯やiPadは使えて当然の時代。

ですがパソコンを使える人はそれほど

多くはありません。

パソコンを使う仕事は多く

Word・Excelはもちろん

パワーポイントも使いこなせると

仕事や大学生のレポート作成で

とても活躍します。



ブラインドタッチから始め

Wordでの文書作成、Excelで

表を作ったり、パワポでプレゼンの

資料を作ったりする練習をしています。



時間制限の中でのタッチ練習や

Excelの細かな技術に

「おーー!」と感動しながら

生徒たちは一心不乱にPCに

向かっています!!



2. 国際交流ボランティア



週に一回、国際交流会館である

異文化カフェに参加しています。

ボランティア登録した生徒は

興味のある内容の時に

ボランティア活動をします。



アメリカ大統領選のしくみや

韓国・ドイツ・アメリカの

音楽の変遷についてなど

毎週面白い内容の講座で

毎回楽しみに参加しています。



世界の多様な価値観を体感できる

素敵な機会です。

人のためにボランティアすることを

楽しみながら、考え方、ものの見方

選択の仕方など、自分のオリジナルの

価値感を見つけてほしいです。



「ボランティアの心構え」

・身近なことから

・相手の気持ちになって

・約束や秘密は守る

・自分を成長させる

・無理せず継続を

・周囲の理解を得る

【母の愛】

今日は不知火が見えるとされる

旧暦8月1日。

自然現象と言われていますが

実は竜宮伝説もあるのです!



乙姫様が人間の姿で陸に上がり漁師と

恋に落ち、子どもを授かりました。

子どもへ乳をあげるときは龍の姿に

なってしまうため、海へ戻らなければ

ならなくなった乙姫様は、片眼を取り、

赤ちゃんのおしゃぶりにと渡しました。

それでも泣き止まぬ赤ちゃんを想う母は

毎年1回「不知火」として現れる・・



なんとも切ないお話でしょう。

乙姫様の我が子への愛を思うと

母として胸がいっぱいになります。



毎日数名のお母様とお電話やメールで

お話しさせてもらっていますが、

お一人お一人のお話しの中で

乙姫様のような深い大きな愛を

感じる日々です。



子どもに笑っていてほしい。

元気でいてほしい。

のびのびと生きてほしい。

小さな一歩から踏み出してほしい。



不登校、人間関係、学校との関係、

進学・就職、いろいろな悩みが

あると思いますが、皆さん必ず

「元気」でいてくれることが一番と

おっしゃいます。



うちの娘も学校へ行くのに

大きな勇気を必要とする子ですが

しばらく毎晩、毎朝大泣きして

ご飯もあまり食べず、夜も眠れない

ということがありました。



親としては笑顔と元気がとりえの子が

笑顔と元気がなくなると

心配で不安でとても苦しかったです。



私がお母様との話の中で

いつもお伝えさせてもらっているのは

「エネルギー回復」です。



携帯も電池がなくなると赤色に

変わって知らせてくれます。

その時はまずは「充電」です!!



充電してエネルギーが回復し

元気と笑顔が戻るようサポートする

のが最初にやることです。



今夜は雨なので「不知火」が見える

確立は低いらしいです。

(不知火町役場の方談)



来年は必ず見たいと思います!!



夜中の24時~26時くらいに

八代海の永尾神社あたりで

見えるそうです。



「母の愛」の不思議な光。

熊本に伝わる素敵な話でした!
1 19 20 21 22 23 27
Copyright © くまもと中央高等学院 All Rights Reserved.
LINE@ お問合せ