⾼卒資格取得までの流れ

通信制⾼校とは

全日制や定時制と違って、時間割に強制されずに自分のペースで学習できます。
また、スクーリング・単位認定試験のみの通学でよいため、自分の時間を有効に使えます。
テストやレポートで合格できなくても、その科目の単位が取得できなかったということで、全日制や定時制のように留年ということにはなりません。ただし、必修科目の場合はテストやレポートで合格するまで再学習やスクーリングの再受講が必要となります。卒業に必要な単位が揃わなければ、最短修業年限で卒業できず、その場合は、卒業時期が先延ばしになります。

⾼校卒業資格取得までの流れ
Flow to school graduation qualification

通信制高校は単位制・2学期制の場合が多く、入学はだいたい4月と10月。募集もそれに合わせて行うことが多いですが、転入は随時募集する場合もあります。これに応じて卒業時期は3月、9月に設定されていることが多いです。
通信制高校ではレポート作成、スクーリング、テストなどで単位を取得していきます。生徒が1人で計画を立てて自分だけで学びを進めていくことは結構大変なこと。
そのためにサポート校を活用することはとても有効です。

  • レポート作成
  • スクーリング
  • テスト

「⾼卒資格」を取るために
To get “high school graduation”

高卒の資格は全日制や定時制、通信制の高校を実際に卒業することで得られます。よく似たものに「高卒認定」があります。これは高校卒業程度の学力があると認める試験のことで、この試験に合格していれば、大学や専門学校の受験資格を得ることはできますが、あくまで学力を証明する試験であり、高校を卒業したことの証明にはなりません。このため学歴は「中卒」のままです。
通信制高校では、様々な理由で全日制などに通えなくなった生徒たちが「高校卒業」を目指しており、必要な単位を取得することで高卒資格を取得することができます。
時代が変わっていくに合わせ、学び方も変わってきているといえます。社会的な背景や個人的理由で普通に高校に通うことが困難になっても、通信制なら自分のペースで進められる学びの方法があります。在校生たちも、まずは卒業を目指す、目標や夢を叶えるため大学に行きたいなど、それぞれが自分の状況下で勉強と向き合っています。そんな1人ひとりの夢へのステップを全力でサポートしています。熊本県の通信制高校はくまもと中央高等学院へ。

Copyright © くまもと中央高等学院 All Rights Reserved.
LINE@ お問合せ