MESSAGE

何かしら悩みを持った生徒がいます。うまく環境に馴染めなかったり、自分のペースが人と違っていたり・・・。しかし、そうやって悩んでいる皆さんと接していると、自分自身がいろんな悩みを抱えてきただけに、様々なことをよく観察し、深く考えている生徒が多いことに気づきます。

人一倍悩んでいる人は、他の人にも優しくなれます。だから私たちはそういった生徒に安心できる居場所をつくることがまず第一歩だと考えています。そのために私たちはそれぞれの生徒にあわせたきめ細かいサポートをしています。「生徒と先生」である前にまずは「ひとりの人間」として向き合うことを大切にしているのです。

人はそれぞれ自分だけの悩みや事情を抱えています。だから私たちくまもと中央高等学院では、「必ずこれをしなさい」といったことは言いません。週1回の登校からはじめてもよいし、掛け算・割り算から始めてもよいのです。暗い顔でうつむいていた生徒が、ちょっとずつ、ちょっとずつ生き生きとした表情に変わっていくのを見守るのが、私たちのいちばんの喜びです。
令和2年4月に熊本城下に新規開校します。私たちと一緒に居心地の良い学校をつくって行きましょう。

くまもと中央高等学院 学院長 吉村久朋

通信制⾼校とは
Communication high school

全日制や定時制と違って、時間割に強制されずに自分のペースで学習できます。また、スクーリング・単位認定試験のみの通学でよいため、自分の時間を有効に使えます。
テストやレポートで合格できなくても、その科目の単位が取得できなかったということで、全日制や定時制のように留年ということにはなりません。ただし、必修科目の場合はテストやレポートで合格するまで再学習やスクーリングの再受講が必要となります。卒業に必要な単位が揃わなければ、最短修業年限で卒業できず、その場合は、卒業時期が先延ばしになります。

くまもと中央⾼等学院とは
About kumamoto central high school

サポート校とは、通信制高校の生徒が単位取得などをスムーズに行えるようサポートしていく民間の施設です。通信制高校はレポート提出やスクーリング、テストの合格によって単位を認定しますが、自分のペースで学習していく生徒が1人で自宅学習や、そうした課題をこなすことは容易ではありません。
その解決策の1つとしてサポート校の活用があります。
サポート校は「学校」ではありませんが、通信制高校と提携することで1つのキャンパスになります。

Copyright © くまもと中央高等学院 All Rights Reserved.