ブログ一覧

ブログ

【小さな目標をいくつも】

先輩からのメッセージ。 
 
大きな目標ではなく 
小さな目標を立てること。 
 
一つずつクリアしていくこと。   
 
 
新高校3年生の言葉に  
そうだよねぇ、ほんと。 

ってうなずきまくりました。
 
最初で大きな目標を設定すると 
飲み込まれがちですよね。  
 
高卒認定試験もスプラトゥーンも 
まずは経験者や先駆者の話を 
聞くために動画を見つけて 
研究したそうです。 
 
何をどう勉強すればいいのか 
受かるためのコツはあるのか 
 
どうやれば上手くなるのか 
無駄のない動きはどんな動きか 
 
など 研究してから 
始めることが大切だと  
教えてくれました。 
 
ガムシャラに始めるより 
やったことがある人の話を 
まずは参考にする! 
という仕事にも人生にも 
大事なことを 
高校生でわかっているって 
すごいですね! 
 
くまもと中央高等学院では
外国人との英会話教室 
eスポーツ 
国際交流ボランティア 
イラストレーター講座 
心理学が学べます! 
 
4月からはさらに充実した 
日々になるねと 
生徒も私たちもワクワクしています。 
 
新入、転入、編入については
随時受け付けております。 
 
本校は 
体験授業、授業見学をされて
安心して通える学校だと 
確信してもらってから  
入学を決める方ばかりです。 
 
自分の目で心で体で 
ここなら通える、大丈夫だと 
感じてほしいと思います。

【第一期生卒業式】

2021.3.13
くまもと中央高等学院 
初めての卒業式でした。 
 
この学校で ここで過ごして 
一緒に語り合って 
伝わって欲しいと思って 
伝え続けたことはひとつ。 
 
「あなたは大丈夫」 
 
自分のことイヤになったり 
キライになったりすることは 
これまでもこれからもきっとある。 
 
変わらなくちゃ…
変わりたい…て思う。 
 
そんな時は自分の中に必ずある 
「変わらなくてもいい素敵なところ」 
を思い出して。 
 
変わらなきゃと全面否定しちゃう時に 
変わらなくてもいい部分もあると 
思えるだけで 
安心して変われる部分で
変わっていこうと思えるから。 
 
振り返ってみると 
卒業式一人ひとり 
それぞれの中にある 
「変わらなくてもいい素敵なところ」 
ここを自分で見つける時間を 
たっぷり過ごせたかなと思う。 
 
自分について思い悩む時間を 
ジャマしないこと。 
 
自分について思い悩むという 
素晴らしい機会に 
しっかりと向き合うこと。 
  
高校時代にしっかりと 
自分の核と向き合ってきた 
本校の生徒たち。 
 
あなたは大丈夫。 
 
これからいろいろなことがある。 
happyな気持ち悲しい気持ち 
どんなことがあっても 
回復する期間と機会があることを 
知っているし 
自分と向き合う時に 
自分の核が最大の応援団に 
なってくれることも知っている。 
 
だから 
あなたは大丈夫。 
 
卒業おめでとう。  

そして 
ありがとう。

【幸せな人は休む】

誰に読んでもらえるのかわからないけど
読んでもらいたいと思って書く時は 
「誰か一人を想って愛を込めて書け」と 
教わってからそうしている。

このくまもと中央高等学院ブログは
実は一つ一つ誰か一人を思い浮かべて 
愛を込めて書いている。

その人に届いているのか 
読んでもらったかが大切じゃない。

昔インディアンやアボリジニが 
意思疎通の手段として使っていた 
テレパシーなるものを 
なんとなく信じている私なので 
勝手に少しは届いてるっしょ!!と 
自己満足、自己完結している…
という少々イタイ奴なのです。笑 
 
今日はあの人に届けと 
ラブレターを書きます❤︎ 笑
 
幸せな人は休むということ。  
誰かが幸せにしてくれるという 
サプライズ的なこともたまにありますが 
日常では常に自分で自分を 
幸せにしてあげることが大切。 
 
自分を幸せにするための落とし穴を 
日常にたくさん自分でしかけて 
自分で落ちるということ。

私ならちょっとコーヒー飲むとか 
トイレにこもって本を読むとか
江津湖散歩するとか
公園のベンチでビールと唐揚げとか。
 
不快→快の状態になるには 
休むという行動が必要。 
 
休憩、休息、休暇をとる。 
しっかり休む。 
 
1時間に一回は深呼吸とか背伸び。
週に一度は自分の大好きをやる。 
月に一度は自然と戯れる。 
年に一度は新しい空気を吸う。 
とかそんな感じ。

回復には期間と機会が必要。 
 
回復は骨折と同じで 
適度な期間休ませること。 
 
ギブスをとるのは
早すぎても遅すぎてもよくなくて 
自然に回復する力は 
みんな備わっている。

焦らず休む。 
 
大丈夫。 
機会は一回じゃないから!! 
 
芸能人が一回やらかすと戻れない 
戻らせない日本の社会だけども 
機会は一回なわけがない!! 
 
一般人の私でも
何度も何度も新しいスタートに 
立ってきた。
 
今が全てと思いがちだけど 
長ーい人生だから今休むことで 
しっかり回復して次に進むため 
「自分に戻る」ことができる。 
 
待ってるから大丈夫だよ! 

中央高等学院×UNIQLO

https://www.instagram.com/p/CL4FefaHYm9/?igshid=rvl5npbf9svy

NEO SHIBUYA TV presents
"School Zone" Vol.1

NEO SHIBUYA TVのホームタウン、渋谷原宿に校舎を構える中央高等学院。
『ファッションを自由に楽しむ』というキーワードのもと、今期から制服としてUNIQLOのアイテムを採用した。

今回、NEO SHIBUYA TVでは学院と共に、『通学路』をテーマにしたアートムービーを作成。

出演は10代の女子から圧倒的な人気を誇る かてぃ とハードコアスケーター吉岡賢人。
どちらも自由というテーマにはピッタリとハマる存在を選んだ。

監督にはサザンオールスターズやYUKIのMVでお馴染みの映像作家、大月壮を迎え、3Dスキャンを用いたクレイジーな世界観を作り込んだ。

この世界観をオフィシャルとして容認する学校から、次世代の新たな街のカリスマが生まれることを願って、本日から放映を致します。
ぜひ渋谷の街でご覧になって下さい。

【自立のための挑戦】

3月に入りました。   
紅や白の梅の花がぷくっとかわいらしく 
咲いていると「ようやく春がくるね」 
ってつぶやきたくなります。
 
寒いのが苦手なのもありますが 
今年はコロナもあってか
今までで一番春の訪れが嬉しくて  
私の姿勢もようやく猫背から 
バンザイの季節に移ります。

卒業式に向けての話し合いを 
重ねている日々ですが
私たちの質問・悩みの全てを 
受け止めてくださる大先輩から 
くまもと中央高等学院の在り方を 
改めて言葉にしていただき 
背筋がピシッとなりました。 
 
卒業後や卒業までの成長について 
お話する中で「自立」とは何かという 
ところに至りました。 
 
自立とは2つあり  
まずは経済的に自立するということ。 
 
つまり
自分で生活できるようになること。

そしてもう1つは精神的自立。 
 
自分は何ができて何ができないか 
思う存分知ること。 
 
自分が何ができるできないを 
知らないままに歳を重ねて 
いつまでも軸がないまま 
さまよわないためにできることは
 
たくさん挑戦して 
たくさん失敗するという経験。  
 
失敗してもいい環境の中で 
たくさん挑戦することが 
自分を知ることになる。 
 
何ができるのか 
何ができないのか 
 
失敗してもいい挑戦が 
たくさんできる時間・場所 
それが高校時代。
通信制高校はその環境が整っています。

やってみないとできるかできないか  
わからない。 
 
うまくいくかいかないか
そんなことはやってみないと 
わからない。 
 
できないからダメなんてことはない。 
できることばっかりじゃなくていい。 
 
それも自分大発見だから。 
 
「自立のための挑戦をする場所」
くまもと中央高等学院の 
体験・見学・相談は 
随時受け付けております。
1 2 3 4 5 14
Copyright © くまもと中央高等学院 All Rights Reserved.
LINE@ お問合せ